【関数・プロパティ設定をつかう】

12 指定した行番号と列番号のセル番地を取得

13 特定の文字列を指定文字列に置き換える

14 セル番地から英字の列名を取得

15 文字列の中で特定の文字の位置を取得

16 セルの書体を変更

17 セルの文字サイズを変更

18 セルの罫線を変更

セルの文字サイズを変更

パイさん

「今回は、セルの文字サイズを変更します。

 Excel VBA/マクロでセルのフォントを設定するときは、対象となるRangeオブジェクトの

 Fontオブジェクトのプロパテイの値を指定します。

 Excel VBA/マクロでセルの文字サイズを変更するときは、Font.Sizeプロパティの値を指定します。

 Font.Sizeプロパティの構文は、次のようになります。」

Img7_6_20

パイさん

Font.Sizeプロパティでは、フォントサイズを数値で指定します。

 予め、次のようなExcelシートを用意します。」

Img7_6_21

パイさん

「ExcelのセルB2の文字サイズを変更してみましょう。

 予めセルA1に書きこんでおいた文字サイズを読みとり、セルB2にその文字サイズを指定してみましょう。

 文字サイズを変数『MojiSize』としてから、プログラムコードを考えてみましょう。」

ソンくん

「『MojiSize』を整数型として変数宣言。

 Dim MojiSize As Integer

 次に、セルA1に書きこんでおいた文字サイズを読みとります。

 MojiSize = Range("A1").Value

 そして、セルB2にその文字サイズを指定します。

 Range("B2").Font.Size = MojiSizeと記述します。」

Sub 文字サイズを変更()

 Dim MojiSize As Integer

 MojiSize = Range("A1").Value

 Range("B2").Font.Size = MojiSize

End Sub

パイさん

「その通りです。」


(1) フォントサイズ9に変更

パイさん

「それでは、セルA1に文字サイズ『9』を書きこんでから、そのマクロを実行してみましょう。」

Img7_6_23

ソンくん

「セルB2の文字サイズが『9』に変更されました。」


(2) フォントサイズ18に変更

パイさん

「それでは、セルA1に文字サイズ『18』を書きこんでから、そのマクロを実行してみましょう。」

Img7_6_24

ソンくん

「セルB2の文字サイズが『18』に変更されました。」


(3) フォントサイズ28に変更

パイさん

「それでは、セルA1に文字サイズ『28』を書きこんでから、そのマクロを実行してみましょう。」

Img7_6_25

ソンくん

「セルB2の文字サイズが『28』に変更されました。」


パイさん

「このように、セルの文字サイズを変更するときは、Font.Sizeプロパティの値を指定します。」



目 次

1. セルに文字を書きこむ
セルに文字を書きこむ

2. RangeとCellsでセルの位置を指定する
RangeとCellsでセルの位置を指定する

3. ループ処理でセルに値を書きこむ
ループ処理でセルに値を書きこむ

4. ループ処理でセルの値を読みとる
ループ処理でセルの値を読みとる

5. ループ処理でセルからセルへ値を代入する
ループ処理でセルからセルへ値を代入する

6. 条件分岐処理でセルの操作を分ける
条件分岐処理でセルの操作を分ける

7. 関数・プロパティ設定をつかう
関数・プロパティ設定をつかう

8. 他のレンジ/シート/ブックを更新する
他のレンジ/シート/ブックを更新する




YouTube

Excelマクロの実用版とデモ版


ブログ